精進料理 精進落とし
 
故人からのメッセージを料理に託して…



●こだわり、其の一

食事という文字は「人を良くする事」と書きます。

 精進料理とは元来、修行僧が日本の四季・自然のものを、生きていくために必要最少分だけ無駄なく取り入れ、身も心も修行するためのものとされていますが、私は次のように「精進落とし」というものを、故人からのメッセージと考えています。故人にとっては、自分を偲んでくれる縁ある方々の集いであれば、美味しい料理を食べ、酒を汲み交わし、自分の生前を思い出しながら楽しく過ごしてほしい。故人はそう思っているに違いないと。栄養バランスがしっかり整っており、口に運んで美味しいと思え、目にも美しく映える、そんなお料理で思い出の席のお手伝いをしたいと思っております。

●こだわり、其の二

「ちらし鮨」に四季を彩ります。

 ご飯だけでも主役になれるちらし鮨。ちらし鮨には「日本の四季」を表現しました。具材の黄色は土、青は春、赤は夏、白は秋、黒は冬。どうぞ「ちらし鮨」で日本の四季を感じてくださいませ。

●こだわり、其の三

安心な食材を食べやすく、冷めても美味しくが信条です。

 ご年配の方が召し上がっても、歯に優しく食べやすく、体に優しいお料理に配慮しております。また、冷めても美味しいお料理だけをお届けしたいと、天ぷらを添えておりませんが、ご理解いただけると幸いでございます。

●こだわり、其の四

仏様の好まれない、匂いの残る食材は使っておりません。

 ネギ・ニラ・ニンニクなどは、どうしても口の中に匂いが残ってしまいます。仏様の好まれない、匂いの残る食材は使っておりません。

●こだわり、其の五

一味一真、すべてを美味しく召し上がっていただくために。

 多くのお客様が「すべてのお料理を美味しくいただきました」という声をお寄せくださっております。仕出しは接客やお店の雰囲気を感じていただくことができません。お会いできない分、お料理で“真心と感動”を届けできればと、一味一真を心がけております。


最後に…感謝。

 生きとし生けるものの命の尊さに思いを寄せ、生かされている喜びと感謝を知る―。今、私たちがこの世に存在しているのは、先祖様のおかげ、親のおかげ、兄弟姉妹のおかげ、すべての周りの人たちのおかげでございます。自分の周りの全てのことに感謝すること、生かされていることに感謝すること、それが故人との繋がりを想う上で最も大事なことと考えております。当店の精進落しが、その一端を担う事ができれば幸いでございます。

当店の精進料理は防腐剤は一切使っておりません。生ものもございますので、持ち帰らず、お早めにお召し上がり下さい。









「精進料理」 トップページへ戻る